2014年9月 1日

たくさんの素敵な笑顔を見たいから

院長あいさつ

一人ひとりのストーリーを大切にした治療をご提供します。

話し、食べ、笑う。
お口は、人の人生の中でとても大きな役割を果たします。それだけに、口元の悩みは、その人の人生に大きな影響を及ぼします。

私は、患者さん一人ひとりの症状や環境、生活スタイルに合わせた最適な矯正治療をご提供することで、口元のお悩みや問題を解決し、素敵な笑顔になっていただきたい。健やかで充実した生活を送っていただきたいと考えています。

患者さんとのお話を大切に

院長あいさつ私は、患者さんとお話することが大好きです。
矯正治療だけに限らず、歯科全般の情報や治療についてもいろいろとお話ししたいと考えています。ぜひ、お気軽に声をかけてください。

矯正治療により、皆さんやご家族の人生がよりよく充実したものとなることを、一人でも多くの方が明るく元気な笑顔になってくださることを、心から願っています。

新たな知識の吸収とさらなる治療技術の発展

院長あいさつMOOテクニックを行う歯科ドクターは「モーラーリスト」と呼ばれます。私たちは、よりよい矯正治療を求め、学び続け、広め続けています。

私は、非抜歯矯正治療の第一人者であるDr. Greenfieldに師事し「スマイルオン矯正歯科」開院当初よりCADテクニックによる治療を実践してきました。また1997年からはCADテクニック、2005年からはその発展形であるMOOテクニックのインストラクターとして、国内および海外での講演活動を積極的に行っています。さらに他科(特に歯周科)との連携を重視し、新たな知識の吸収とさらなる治療技術の発展に努めています。

私の手がける矯正治療は、できるだけ歯を抜かない矯正です

院長あいさつできるだけ歯を抜かない矯正。しかしそれは、ただ歯を抜かないだけではありません。

奥歯に注目し、横向きになったり斜めになりがちだったりする奥歯を正しい位置にすることにより、前方のスペースを作り、歯を並べていく矯正です。

歯並びにとどまらず、ステキな笑顔、自然な笑顔、健康な歯を目指す矯正です。

歯並びや噛み合わせに悩む多くの皆さんにより適切な矯正治療を提供するために、これからも研鑽を積み、仲間を増やし、積極的に活動していきたいと考えています。

院長プロフィール

院長あいさつ院長 篠原範行

大阪歯科大学卒業
日本矯正歯科学会 専門医・認定医
Wilckodontics矯正認定医
日本非抜歯矯正研究会 世話人・コアメンバー

1988年 大阪歯科大学卒業
1991年 大阪歯科大学歯科矯正学講座入局
1993年 日本矯正歯科学会認定医取得
1995年 スマイルオン矯正歯科開設
1999年 Dr. Greenfield「非抜歯矯正」出版記念講演
2002年 アメリカ矯正歯科医会テーブルクリニック最優秀賞
(日本非抜歯矯正研究会として受賞)
2003年 アメリカ矯正歯科医会 招待講演(米国・ハワイ)
2006年 日本矯正歯科学会専門医取得
2007年 セトリンフィロソフィー国際会議招待講演(イタリア・ナポリ)

院長あいさつ院長あいさつ

出版物
出版物非抜歯矯正治療
Molar Oriented Orthodonticsの実際

有本博英・賀久浩生・篠原範行 著

医歯薬出版
詳しくはこちら

出版物一歩抜け出す未来志向の歯科医ライフ

有本博英・賀久浩生・篠原範行 著

医歯薬出版
詳しくはこちら

ていねいなカウンセリング

初診時でもお口の中を確認し、治療期間や使用器具についてもお話しします。患者さんの気持ちを一番に考え、ベストな提案をいたします。

カウンセリング

当院では、初診のご相談で30分から1時間程度お取りし、矯正治療に関する心配や疑問にお答えしています。またご同意の上で、必要に応じてレントゲンやお口の中の写真撮影も行っています。

何でもお気軽にご相談ください

ていねいなカウンセリングたとえば、お子さんの歯並びについて気になることや噛み合わせの悩み、治療に対するご希望などを遠慮なくお話しください。お悩みをお聞きした上で、お口の中を診査します。

また必要に応じてレントゲン撮影やお口の中の写真撮影も行い、歯並びの問題点、おおよその治療期間、矯正治療の流れ、使用する装置の種類についての概要、費用等のご説明をいたします。

患者さんの立場にたち、その気持ちを理解し、ベストな提案をさせていただきます。

●必ず予約をお願いします
ご予約はこちらまで ⇒ 「お問い合わせフォーム」へ ★お急ぎの場合はお電話(0120-76453-1)まで

痛みに配慮した矯正治療

痛みに配慮していますので、ストレスを感じることなく矯正治療に取り組むことができます。患者さんの立場にたった治療で、痛みを軽減します。

痛みの少ない矯正治療

最近は 治療技術や矯正装置の進歩により、装着した際の痛みや違和感が軽減された矯正治療が可能となっています。

装置を初めて着けたり力を調整したりしたときには、多少歯が浮くような感覚がありますが、ほとんど数日間でおさまります。「矯正は痛いもの」というイメージにとらわれず、気軽に取り組んでいただきたいと思います。

当院の痛みに対する対策

当院の痛みに対する対策「矯正中は浮いたような感じがある」「食べ物を噛むと痛みがある」「ワイヤーが当たって痛い」などとおっしゃる方がいらっしゃいます。痛みの原因の一つは、装置による歯への圧力です。個人差はありますが、通常ワイヤー調整から2~6日程度で痛みが治まる方が多くなっています。

もうひとつの原因は、ワイヤーや装置のカドなどが当たることです。この痛みは時間が経っても解消されないことが多いので、カバーをあらかじめ装着したり、なるべくカドの少ない装置を選択したりして対応します。それでも痛くなった場合には、できるだけ早く来院していただき、カバーをし直すことが痛みを和らげる最適な方法となります。

各専門医との連携治療で理想的な治療結果へ導きます

当院では、複数の専門医による連携医療(インターディシプリナリートリートメント)に取り組んでいます。

各専門医との連携治療

海外の学会などに参加して、世界最先端の知識や技術などの専門性を身につけることは、歯科医師として非常に重要だと考えます。一般歯科以外の高度な歯周病治療や矯正治療までこなす"スーパーデンティスト"も、現在はたくさんいます。しかし、歯科医療の進歩は著しく、一人ですべての分野においてスペシャルな技術を身につけるには限界があるのです。

そのため、多岐にわたる分野の治療が必要な患者さんに対しては、専門知識をもった歯科医師同士の連携、すなわちインターディシプリナリートリートメントという考え方が欠かせないのです。

インターディシプリナリーとは

インターディシプリナリー以前は、一般歯科医が治療困難なケースを発見した場合、歯周病なら歯周病専門医、歯列不正なら矯正専門の歯科医師を紹介し、インプラントなら最終補綴だけを自ら行うといった、複数の歯科医師が専門性を生かして各自治療を行うディシプリナリートリートメントが主流でした。

その後、各専門医が連携を取ることの重要性が理解されるようになり、マルチディシプリナリーという考え方が広まりましたが、まだその連携は組織的でなく、それぞれの治療が全体的な治療計画の中でどのような目的で行われるのか十分に把握されていなかったのです。そのため、それぞれの専門医が描くゴールは共有されていませんでした。

そんな中、登場したのがインターディシプリナリーという考え方です。初期のインターディシプリナリーでは専門医同士が互いの専門分野の共通の知識をもち、共通のゴールを目指すというものでした。そこからさらに発展した真のインターディシプリナリーでは、互いの専門分野の共通の知識は広がり、互いに同じように考えながら"共通の価値とゴール"を目指します。

連携治療を高める勉強会を開催

勉強会を開催インターディシプリナリートリートメントを実現するためには、互いの専門知識をもち合わせる必要があります。そのため、月に1回連携治療研究会を行い、歯周病医や補綴医と集まって、互いの症例を検討する時間を設けています。

勉強会では、それぞれの専門分野の基礎的なセミナーや症例発表、また連携治療の症例発表や症例検討が中心となりますが、各専門分野の最新情報の共有も行っています。

院長とスタッフが一丸となり、患者さんをサポートします

チーム歯科医療の実現をとおして、患者さんの生活の質(Quality of Life)の向上を目指します。

チーム歯科医療

歯科医院のコンセプトは、院長が目指す治療形態や立地、患者さんによって決められますが、それがハッキリしている歯科医院ほど患者さんに愛されるのではないでしょうか。またそのためには、医院としての在り方をスタッフ全員が把握し、それに基づいて行動することが重要だと考えます。

当院では、院長とスタッフが患者さんの生活の質(Quality of Life)の向上という共通の理念のもと、一丸となって日々の診療に向き合っています。

当院のスタッフについて

チーム歯科医療スタッフには、当院のことを深く理解してもらい、コンセプトや哲学を知ってもらうことが重要だと考えています。仕事を覚えるだけでは、当院のコンセプトを具体化し、患者さんに最善のサービスを十分に提供するのは難しいと考えるからです。

当院のことを深く理解し、愛着をもってはじめて、新しいスタッフも患者さんやほかのスタッフに対して迷いなく行動ができるようになるのです。ご来院の際には、ぜひスタッフにお声がけください。すべてのスタッフが共通のコンセプトのもと、一丸となって快適に治療を受けていただけるようサポートいたします。

海外の学会にもスタッフとともに参加

チーム歯科医療当院の院長は、毎年AAO(アメリカ矯正歯科医学会)の学会に参加しています。世界のトレンドや情報を得る貴重な機会なのですが、その学会には毎年必ず数名のスタッフも参加します。そうすることで当院の目指すべき方向性を院長とともに確認し「ドクターとスタッフによるチーム医療」を実現する礎としています。

また、ただ参加するだけでなく、帰国後にはともに参加したほかの歯科医院と合同で、学んだことの発表会も行っています。学んだことをアウトプットすることによってさらに深い理解・知識となることは、とてもよい経験となっています。
 

リラックス医療空間

開放的な内装と最新歯科設備の院内で、ゆったりとした時間をお過ごしください。

リラックス医療空間

「患者さんに喜んでいただきたい」その思いを院内のデザインやコンセプトに反映させることが、医院づくりでは大切だと考えています。

当院では何を提供して患者さんに喜んでいただくのか、当院が提供している価値は何か、ということを深く考えた結果、一人でも多くの患者さんにリラックスして治療を受けていただける空間づくりを目指そうと考えました。

また、最新の歯科設備を完備し、安心・安全な治療をご提供できる環境づくりにも取り組んでいます。

オープンで、リラックスできる雰囲気

リラックスできる雰囲気当院では、患者さんがご家族やご友人と一緒にお見えになることがよくあります。そのため院内は、プライベートな空間を確保するというよりも、リラックスして時間を過ごしていただける空間となっております。

また、エントランスと待合いスペースは明るく開放的な雰囲気を大切にし、待ち時間にもさまざまな雑誌やプロジェクターによるスライドショーでおくつろぎいただけるようになっています。キッズスペースではゲームや絵本、映画などをお楽しみいただけますので、お子さんもリラックスしてお待ちいただけます。

デジタルレントゲン、技工ルームなどを完備

リラックス医療空間当院ではデジタルX線装置を使用しています。撮影後、すぐにモニターで確認できるほか、これまでのX線装置と比べて1/10の照射量ですので、患者さんの身体へ負担も軽減できます。また、院内には技工スペースも完備しています。院外のラボに出すよりも製作・修復が短時間で終わりますので、治療期間も短くて済みます。

そのほか、治療器具は患者さんごとに超音波洗浄機とオートクレーブに加え、乾熱滅菌器2台を使って完全滅菌するなど、感染対策にも力を入れています。
 

世界水準の「矯正治療」と「ホスピタリティ」

歯科治療の真の目的は患者さんの人生のクオリティを高め、心から楽しんでいただくことです。

世界最先端の「矯正治療」

当院では常に患者さんの「機能的で審美的な咬合」を目指していますが、それは"スーパーデンティスト"一人の力で達成できるものではありません。

他科の専門医と治療のゴールおよび価値を共有しながら連携医療(インターディシプリナリートリートメント)に取り組み、さらには患者さんとのコミュニケーションを円滑に進めるスタッフたちとのチームワークを発揮して、はじめて実現すると考えています。

ホスピタリティあふれるスタッフ「おもてなし」
当院では、すべてのスタッフが「患者さんに気持ちよく過ごしていただくには?」ということを常に考え、来院されてから帰られるときまで、快適に診療が受けられるように取り組んでいます。

また、患者さん一人ひとりに寄り添った治療が行えるよう、スタッフ一同心を込めて接するよう心がけております。そのため、どんなご質問にもすぐにお答えし、世界水準の治療をご提供できるよう、日々研鑽に励んでおります。

お口の健康の維持・向上をサポート

お口の健康の維持・向上をサポート連携医療によって「健康な口腔の持続可能な状態」をつくり、それを「維持・継続させる」ことが大切です。

矯正治療によって手に入れた「機能的で審美的な咬合」を「持続可能な状態」として「維持・継続」させるためには、患者さん自身の役割も非常に大きくなります。長期にわたる治療の成否は、医療者と患者さんとのチームワークによって達成されるのです。そのことを患者さんに理解していただくことも、私たちの使命です。

QOL(Quality of Life)を大切にしたい

QOL(Quality of Life)歯科治療の真の目的は「患者さんの生活のクオリティを高めて人生を楽しんでいただくこと」です。お口の健康が人生に与える影響は、想像以上に大きいのです。

直接的にはむし歯や歯周病の問題を解決し、文字どおりお口の中の健康を向上させます。また、きれいな歯と歯並びは、人と人とのコミュニケーションにも影響します。写真を撮るとき、初対面の人とあいさつするとき、就職面接のとき、結婚のときなど、美しい口元は人と出会うすべての瞬間でポジティブな印象を与えることができるでしょう。さらには健康に対する自信、審美に対する自信、行動に対する自信につながり、人生を変えるパワーにさえなるのです。

当院では世界最先端の「矯正治療」と最上の「ホスピタリティ」によって、患者さん一人ひとりの生活の質(Quality of Life)の向上を実現いたします。

あなたの想いを実現できる治療を提供します

日本矯正歯科学会専門医・認定医だからこその自信と責任。患者さんの理想の口元を実現します。

日本矯正歯科学会専門医・認定医

当院の院長は臨床経験が25年以上、開業して約20年の経験があり、日本矯正歯科学会専門医です。

日本矯正歯科学会専門医とは、認定医の中から試験選抜されるもので、2006年に日本矯正歯科学会が設けた制度です。日本矯正歯科学会サイトを表示

ただ、資格があるからといって患者さんの理想を実現できるわけではありません。院長はそれに恥じない高い技術力を身につけ、最善の治療を提供しています。

装置よりも、大切なのはスキルです

日本矯正歯科学会専門医・認定医矯正治療では「どの装置を使うか」という点が注目されがちですが、日本矯正歯科学会専門医の立場から考えると、装置はあくまでも治療の中の一つの道具であり、装置がすべてではありません。

同じ装置を使っても、使い方や指導の仕方、歯科医師のスキルによって結果が変わってくることもあるのです。

一人ひとりに合わせた矯正を実現します

日本矯正歯科学会専門医・認定医日本矯正歯科学会専門医の立場から、できる限り痛みが少なく、できるだけ抜歯しない方向で、安定した噛み合わせと調和のとれた美しさを目指します。

決して治療を押しつけることなく、患者さんの状態やご希望を考慮した柔軟な対応を心がけ、一人ひとりに合わせた矯正治療をご提供しています。

お問い合わせフォームはこちら

地図