iTero(デジタル口腔内スキャナー)

iTero

世界で最先端の歯型を採る方法
iTero(アイテロ)は患者さんのお口の中をレーザーでスキャンし、シリコンなどの印象材を使わずに非接触で高精細に歯型を採り、デジタルデータにして利用するものです。
シリコン印象に比べて精密度が格段に優れており、歪みもありません。それはすなわち、患者さんがマウスピースを装着したときにまったく違和感がないということを意味します。

この非常に優れたiTeroですが、日本国内における普及率は、まだ極めて低いのが現状です。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)が世界で約80,000人もの歯科医師に採用されている中で、日本ではおよそ4,000人程度にとどまっており、さらにその中でiTeroを導入して装置を製作している歯科医師は、わずか0.5%しかいません。

iTero

患者さんに我慢を強いない方法iTero
これまでの歯型採得では、ドロドロしたシリコンを患者さんのお口に押しつけ、シリコンが固まるまでの間じっとしていなければなりませんでしたが、iTeroの光学印象ではスキャン撮影を何回かに分け、かつまったくお口に接触することなく行いますので、患者さんが苦しい思いをすることもありません。

非常に安全な方法
iTeroは光学式スキャナーなので、当然ながら放射線を使用していません。また、シリコンを使用しないので、従来の型採りのように誤嚥するという危険性もありません。歯の動揺がある方やブリッジなどでアンダーカットの大きな部分のある方や、お子さんでも安心して歯型の採得が可能です。

失敗しない方法iTero
シリコンを使った型採りでは、しっかりとシリコンが歯に密着しなかった場合にやり直さなければならないことがありました。しかし、iTeroのスキャニングでは、その場でモニターを確認しながら行いますので、型採りの失敗でやり直すことも、もちろん型採りのために再来院する必要もありません。

iTeroによってできあがったマウスピースは、これまでの40万症例以上からの統計によると、フィッティングの問題が従来の1/7に激減しています。

できあがりが早い方法
スキャンしたデータは、すぐにインターネットを通じてアメリカに送信され、治療シミュレーションが開始されます。そのため、従来はできあがるまでに2週間程度かかっていた治療シミュレーションの作成が2~3日程度でに届くようになりました。

患者さんの負担が少ない方法
最新鋭機器を使った矯正治療システムですが、iTero導入後も治療料金は変わりません。患者さんにとって経済的負担が少ない治療法でもあるのです。
 

お問い合わせフォームはこちら

地図