当院の痛みに対する対策

当院の痛みに対する対策「矯正中は浮いたような感じがある」「食べ物を噛むと痛みがある」「ワイヤーが当たって痛い」などとおっしゃる方がいらっしゃいます。痛みの原因の一つは、装置による歯への圧力です。個人差はありますが、通常ワイヤー調整から2~6日程度で痛みが治まる方が多くなっています。

もうひとつの原因は、ワイヤーや装置のカドなどが当たることです。この痛みは時間が経っても解消されないことが多いので、カバーをあらかじめ装着したり、なるべくカドの少ない装置を選択したりして対応します。それでも痛くなった場合には、できるだけ早く来院していただき、カバーをし直すことが痛みを和らげる最適な方法となります。

お問い合わせフォームはこちら

地図